肌ダメージを抑えるスキンケア

肌ダメージを抑えるスキンケア

手との摩擦で肌が荒れるという

肌が受けるダメージの仕組み

肌になるべく手を触れないことを心掛けるようにしています。

 

スキンケアの時に、手の平などで肌をなでると、その摩擦で肌が傷んだりすると思いますし、そういったことを何かの本で読んだので。

 

なのでスキンケア自体が簡単です。

 

以前は化粧水、乳液、美容液、更に何か、を付けて念入りにお手入れしていたのですが、もうそんなことはしていません。

 

オールインワンゲルのみです。

 

そして化粧も、日焼け止めを付け下地を伸ばし、ファンデーションを丁寧に塗ったりしていましたが、今は日焼け止めとBBクリームをさっと付けるだけです。

 

 

手との摩擦で肌が傷むというのを信じています。

 

たくさんケアしていたころはなんとなく肌の調子が悪いような気がしていましたが、今はそのころに比べたら肌が元気なのです。

 

いろんなものを付けることよりも、なるべく少なく手早く済ませることの方が自分には合っていたかもしれません。

 

BBクリームも、カバー力は以前のパウダーファンデーションに比べたら劣るものかもしれません。

 

ですが、多少すっぴんっぽくても、うす付きの方が肌も喜んでいるような気がするのです。

 

年齢肌対応のBBクリーム人気No1!

 

アヤナスBBクリームの販売店情報


ホーム RSS購読 サイトマップ